2007年01月12日

ポジティブリスト制度

「期限切れの牛乳でシュークリームを製造していた大手菓子メーカーが、洋菓子販売の全面休止を余儀なくされた。」というニュースが流れて思い出しました。

昨年5月29日より食品衛生法が改定され、食の安全の観点から、農薬等の残留基準について一段と厳しい運用を求められるポジティブリスト制度がスタートしました。
これは今まで規制が困難であった、基準値が設定されていない農薬と作物の組み合わせについても、一律基準を適用して監視、規制しようというものです。
799種類の農薬、動物用医薬品、飼料添加物が規制対象物質として基準値が設定され、加工食品を含む全ての食品が規制対象食品となります。
この新制度は、全ての食品業者に対して今まで以上に自己責任を課するものでありますが、農薬飛散の問題や土壌残留の影響で農薬が検出されるなど不可抗力の面もないとはいえません。
食品業者の方は、このようなリスクに対応できるよう準備しておくことも必要と思います。
posted by Chieko at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 賠償