2007年07月04日

海外で受けた治療費

語学留学されているお客様が、旅行先で友人と食事をしていた時、腹痛におそわれ、緊急に近くの大きな病院に行き治療を受けました。
点滴を受け、1泊の入院となったその時の治療費用は、
4157.13ドル(=489,876円)6/29付レート(1C$=117.84円)
でした。
手術を受けなくても海外では、このくらい普通です。
でも、ちょっと驚きましたexclamation
posted by Chieko at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年05月10日

海外旅行保険の入り方

ゴールデンウイークに海外へ行かれた方も多いと思います。
もし、海外で事故に遭ったら! 体調を崩したら!
海外旅行中に盲腸で入院した場合の費用は・・・
ホノルル…約230万円超 ニューヨーク…約190万円超 上海…約135万円超
クレジットカードに付いているから大丈夫と思ってる方もいらっしゃいますが、海外で病気になって入院すると日本では考えられないような高額な医療費を請求される場合があります。
クレジットカードに付いている海外旅行保険はケガや病気の補償が最高でも300万円位までが殆どです。
治療・救援者費用を無制限で補償できる海外旅行保険もあるくらいです。
また、海外旅行保険は空港でも簡単に契約できますが、家を出てから帰宅するまでが補償対象の保険です。家から空港までの間に事故に遭いケガした場合も補償対象になります。
海外旅行保険は、前もって加入することがベストです。
posted by Chieko at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年04月22日

旅行中の防犯対策

ゴールデンウイークを前に旅行の計画を立てていらしゃる方も多いと思います。
旅行時の防犯対策は、十分でしょうか。
留守宅だとわかると「空き巣はあらゆる手段を使って侵入してくる」そうです。
留守宅内部の防備もしっかり固めてから出かけるようにしましょう。
警視庁の統計によると、空き巣の侵入口は4階以上の集合住宅では玄関、3階以下では窓が最も多く、屋上からロープを垂らしたり、雨どいをよじ登ったりしてベランダから侵入することもあるので、高層階であっても油断できません。
一般的に侵入に5分以上かかると犯人の7割があきらめるといわれていますので、補助錠などの対策を施しておくことは大きいそうです。
それでも心配な場合は、海外旅行保険に旅行中に自宅の家財が盗難にあった場合の補償をオプションで付けることができます。
留守宅家財盗難保険金額を限度に修繕費または時価額が支払われます。
posted by Chieko at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年04月04日

海外事故でかかった費用

アメリカを旅行していたAさんは、自動車の後部中央座席に乗車中、乗っていた車が対向車と衝突し、左足首を骨折、さらに臀部に傷を負いました。
同日手術を受け、2週間入院した後、保険会社の手配で日本に帰国しましたが、帰国後も2ヶ月間にわたって入院を余儀なくされました。
また、帰国する際には母親が渡米し、一緒に帰国されました。
回復状況にもよりますが、臀部・太ももの醜状痕、足首の稼動域制限に後遺障害が残る可能性があります。
■かかった費用
現地治療費約900万円
救援者費用
…ご本人の搬送費用+母親の往復交通費+ホテル代など=172万円
海外旅行中、いくら万全の注意を払っていても、事件や事故に巻き込まれる可能性はないとは限りません。
posted by Chieko at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年03月06日

海外旅行 傾向/対策 まとめ

健康トラブル
海外では、薬を買うのに医師の処方箋が必要だったり、日本人には効き目が強過ぎたりする場合があり、不便なことが多いのが実情です。日常使い慣れたものを携帯することをおすすめします。
盗難トラブル
盗難被害にあってしまったら…
日時・場所。犯人の特徴や状況を詳しくメモしておき、警察に届け出ること。
保険請求に必要となる証明書(ポリスレポート)を発行してくれます。
※現金は保険の対象外なので、分散して身につけるなど事前の自己防衛が必要です!
命の優先が必要なことも…
もし盗難や強盗の被害にあって、相手が銃器やナイフを持っていたら大変危険です。抵抗したり、騒いだり相手を刺激しないことが大切です。命だけは奪われないように。
賠償トラブル
賠償事故を起してしまったら…
無理に自分で解決しようとするよりも、すぐに加入している保険会社の緊急連絡先に相談する方が得策。また、状況写真を撮り、日時や場所、相手の名前、連絡先などをメモしておいてください。
以上のことを参考に楽しい旅行をお楽しみください!
posted by Chieko at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年03月04日

海外旅行…被害を未然に防ぐ安全知識

盗難は年々手口が多様化していて、狙われる日本人が後を絶ちません。
盗難・サギの手口クイズ
次の手口名に当てはまるものを(A〜G)から選んでください。
(答えは続きに)
☆ケチャップ泥棒  ☆親切心悪用泥棒  ☆悪徳店員  ☆ニセ警官 
☆ボトルマン  ☆ニセガイド  ☆睡眠薬ドロ

. クレジットカードの伝票を一ケタ多く書き、そ知らぬフリでサインさせる。
. あなたのガイドだと偽って車で連れ回し、料金を支払えと言って法外な金額を要求する。
. [背中についているケチャップを拭いてあげる」と言って近寄ってくる。気をとられているスキに仲間が荷物を持ち去る。
. 旅行者の親切心を利用する。例えばコインを落としたり、道をたずねたりして注意をひき、そのスキに仲間が荷物を持ち去る。
. カタコトの日本語で話しかけてくる。仲良くなったところでジュースを差し出されるが、飲んだとたん意識不明。貴重品を全部持ち去る。
. 旅行者にぶつかって安物のワインを落とし、「弁償しろ!」と迫る。あまりに有名なため、ひっかかる相手が減り、最近はあまり出没しない。
. 「手荷物を検査する」と手帳らしきものを見せ、貴重品を抜き取る。
続きを読む
posted by Chieko at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年03月03日

海外旅行健康トラブル…2

体調を崩してしまったら…
体調がおかしいと感じたら、すぐ周りの人に相談することが大切ですよ。
我慢していてどうしようもなくなってからは、パニック状態になりかねません。
薬を飲んで横になり、様子を見ても回復しないようであれば、早めに医師の治療を受けること。フロントに連絡すると、契約医が往診に来てくれるホテルもあります。
病院へ行く時は…
海外で治療を受ける場合は、身分証明となるパスポートやクレジットカード、そして海外旅行保険の契約証を忘れずに! 
支払い能力を示すものがないと診察を断られる場合もあるので、加入している海外旅行保険の緊急連絡先に事前に相談すると便利です。キャシュレス治療の手配など、状況に応じた適切な対応をしてくれますよ。
サー、春です! 楽しい海外旅行をお楽しみください!
posted by Chieko at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年02月28日

海外旅行健康トラブル・・・傾向と対策

旅先でのケガや病気は大変心細いもの。
こうしたトラブルを防止するために、体調維持の心掛けが大切です。
旅行3日目で急に疲れが出てダウン。
緊張感がほぐれてきた頃にどっと疲れが出て、発熱や腹痛を起すことがよくあります。常にリラックスを心掛け、休憩や睡眠を十分にとること。無理な行動スケジュールは禁物です。
風邪をひいてしまった。
温暖な時期の旅行でも、朝夕は予想外に冷え込むことがあります。雨具の他に、寒い時に羽織れるものを一枚用意しておくと良いでしょう。現地で調達するのもgoodです。
足元の障害物に気付かず転倒。
疲れがたまって注意力が落ちてくると、思わぬケガをしてしまうことがあります。標識に頭をぶつけたり、バスルームで転んだり、車にはねられたりなど、バンソウコウですむものから命にかかわるものまでよ〜く注意してください。
無理は禁物。旅の基本は健康な心とからだ!
posted by Chieko at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年02月09日

携行品を請求する際の注意点

海外旅行傷害保険の携行品特約は、被保険者(旅行に行かれた本人)の所有の身の回り品のみを対象としています。
例えば、友人や親戚の方から借りたスーツケースは、本人の所有とみなせないため対象外となりますのでご注意ください。
ただし、レンタル業者から借りたスーツケースの損害については、「賠償責任危険担保特約」でカバーすることができます。
また、破損、盗難いずれの場合も時価額(現在の価値に換算した金額)までのお支払となり、損害品一点については最高でも10万円までとなりますので、高価な身の回り品をお持ちになる場合は特にご留意ください。
posted by Chieko at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年01月23日

海外旅行時の注意事項

日本国総領事館に届出のあった日本人の犯罪被害で、その殆どは、スリ、置き引き、駐車場車内からの盗難、空き巣などとなっています。
また、最近では若い女性が被害に遭う暴行や傷害、強姦事件などが増加傾向にあります。
そこで安全のために下記の注意事項をまとめてみました。
●人通りの少ない道や夜の一人歩きは避けること。
●常に貴重品はしっかりと身につけ、荷物からは絶対に目を離さないこと。
●夜間の人気のない路上での駐車はさけ、車内に貴重品は絶対残さないこと。
 日本では考えられないことですが、信号で停車中開いている窓から助手席のバッグなどを取る事件もありました。
 また、ガソリンスタンドでは必ずエンジンキーを抜き、車を少しでも離れる時はロックを忘れずに。
●バックパッカー、ユースホステルなどの安宿泊施設に泊まる場合は、多額の金品(ブランド物、高価な時計)や貴重品は、なるべく持ち歩かないこと。
 世界中からの旅行者がバックパッカーを利用する中で、日本人ということだけでも目立つ存在になり得ることがあります。
posted by Chieko at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2007年01月21日

海外での医療費はこんなに高い!!

「ホノルルで盲腸の手術をして入院すると、230万円以上もかかる!」
2005年末に世界主要30都市を対象に実施した調査によると、海外、特に欧米の治療費は総じて高額ですが、最も費用が高かったのがホノルルです。ついでニューヨーク、ジュネーブ、上海という順で、アメリカだけでなく、ヨーロッパ、アジアでも高額になっております。
調査は複雑でない手術費、入院代を含めた治療費ですが、救援者費用を含めるとさらに費用がかかることになります。
また、日本では無料があたりまえの救急車も大半の国では有料が常識。
さらに、盲腸で手術すると約一週間の入院という常識も、海外では2〜5日程度という結果もでています。                                                                                          
盲腸で入院の場合の総費用(2005年AIU調べ)
posted by Chieko at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行