2013年07月07日

梅雨最後の日

いきなり梅雨が明けましたね!!!
心の準備ができてなかったので、ホ〜ント!驚きました。
さぁ〜、夏、夏、夏 ですね。

梅雨最後の日、千葉へゴルフに行きました。
朝、起きたら雨、そして風も…。
アクアラインは、時速40キロ制限が出ていました。
60キロ制限でもビビってしまうのに…。
アクアラインのトンネルを出たら雨と風、そして先が霞んで対岸が見えません。
大海原に漂う小舟の心境!
ハンドルが持っていかれそ〜、後2キロ、後1キロと祈るような思いで金田の料金所へ辿り着いた時はホットしました。

その後、風は強かったけどお天気は回復しプレーには支障はありませんでした。
帰りは、依然アクアララインは40キロ制限がでてたので、大周りの千葉市経由を選択し、3時間かけての帰宅となりました。
遊ぶのも命がけ!!!
ま、疲れたけど無事に一日を終えたことに感謝です。
posted by Chieko at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月12日

母の日

今日は、「母の日」。
赤いカーネンションに無邪気にはしゃいでいた幼い頃。
誰もが当然、赤いカーネンションだと思っていた…。
そうでない子供がいたことに気遣うことも無く…。
そして今、私も友人達も殆んどが白いカーネンションになってしまいました。
母と過ごした日々を懐かしく思い出します。

先週、連休最終日に親しくしている税理士さんのお母様が亡くなられました。
ご実家の豊橋で行われた葬儀に2日間行きました。
お母様を見送った直ぐに「母の日」。 ちょっと心が痛みます。

母が、まだまだ元気な頃。
「母の日」のプレゼントに何を贈ろうかと、いつも悩み種でした。
今、思うと、母は母で娘が何をしてくれるか、きっとドキドキだったかもしれませんネ!!!
母にとっては「母の日」は、母としての決算日だったかも…!?

母が逝って長い時が過ぎました。
今日は、母と過ごした日々を思ってまどろみたい〜。
不・思・議? 良いことしか思い出せない〜!!!
posted by Chieko at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月08日

爆弾低気圧の影響

爆弾低気圧が通過して、燦々とした陽ざしの爽やかな週明けを迎えました。

先週末は、ひどかった!!!
折角の春のイベントが次々と中止になり経済的にも大きな打撃だったのではないでしょうか!?
私も、土曜日は同窓会ゴルフコンペでしたが、ギリギリまで粘って中止になりました。
また、九州の同級生が医師会の会合で金曜日から上京して、土曜日に予定していた親睦会が悪天候で中止になり、ホテルに缶詰状態で「暇してるよ〜」と泣きの電話がありました。
ま、翌日、無事に帰ったと思いますが…。

最近の天気予報は、
「これまで経験した事のない…」とか「取りやめる勇気も必要です!」という表現があります。
それくらい強烈な悪天候が多くなったのでしょう!!!
強烈な悪天候は、火災・自動車・傷害の事故の元にもなります。

この表現に怖じ気づき、私は土曜日は一歩も外へ出ることができませんでした。

これからも、お天気に一喜一憂する日々が続きそう〜!!!
posted by Chieko at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月24日

未来の入口

3月は別れの月。 卒業式、人事異動辞令…。
今年は、それに加えて歴史ある東横線渋谷駅、下北沢駅が新しくさま変わりしました…。

東横線渋谷駅のかまぼこ型駅舎…急行に乗ろうとホームを走った思い出…。
下北沢駅周辺の開かずの踏切…今となっては、不便さも愛おしい…。

時代のどこかでお世話になった二つの駅。
忘れていた想い出がセピア色になって蘇ってきます…。

今、コマーシャルで流れている…「アッ、出口だ!」「ちがうよ、未来の入口だよ!」。
そ、時代の変わり目…しっかり受けとめましょう!
posted by Chieko at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月30日

迎える2013年

泣いても笑っても、2012年は今日と明日だけ!
今年を振り返ってみると、自分自身ではまあまあの年だったけど…世間の不景気が身近に実感できる厳しい年だったと思います。
毎年毎年、自然界の厳しさも増しており、天気予報に「これまで体験した事がない…」という言葉が公に使われる程、想定外の災害が予想されるという事でしょう!

それでも、私たちは生きて行かなければいけません。
生きていく以上は、気持よく生きて行きたい。
気持を楽にするために「発想の転換」が必要な時もあります。
過去のやり方にとらわれず、現実に則した考えを持つこと。
さ〜、もう直ぐ迎える2013年もプラス思考に、さりげなく強かに日々を刻んで行きましょう!!!

posted by Chieko at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月18日

今年の年末風景

今週は、総選挙が終わり、いよいよ年末モードに突入と思いきや!?
やっぱり景気が悪いのでしょうか…!?
忘年会! 忘年会! と、浮かれる雰囲気はありません。
個人的には物価が下がって嬉しいんだけど…これがマズイんだな…!!!

製造業のお客さんは仕事が止まっていると言い、大手メーカーの下請け孫請けのお客さんは2ヶ月間全く仕事が来なかったという驚く話をされます。

安い! 安い! に喜んでいてはいけない。
まともな金額でまともなモノを購入出来るようにならなければ…。
世の中は相手がもうければ、まわり廻って自分にも利が廻ってくる。
自分だけが得する事なんてありえません。

ニュースは、選挙の総決算で万歳!!!
思い切ったリーダーシップでこの低迷感を打破してほしい。
新年に向けて「動き出したな!」という感じを受ければ、きっと明るい新年になるでしょう!!!
posted by Chieko at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月08日

秋休み

9月の最終土曜日、深まる秋を感じながら秋休みと思ったけど、台風の進路に怯えながら故郷佐賀へ飛びました。
上空は、あくまでもブルーと限りなく真っ白な雲の海原…そして、時折、揺れる機体!!!
でも、無事に予定変更なく秋休みを取ることができました。

日常の生活から離れ、場所を変えるとリフレッシュになります!!!
今回は、幼いころ住んでいた唐津へ足をのばしました。
そして、10月1日に全面開業した東京駅丸の内駅舎を建築した辰野金吾が同じく建築した旧唐津銀行にあるフレンチレストランで同じ10月1日に食事をしたことが感慨深かった。

深まる秋の夕べ〜歴史とロマンを感じながらの美味しい食事〜。

翌日は、台風の影響は殆どなかったけど、台風一過のような素晴らしい朝を迎えました!!!
今は、もう秋、誰もいない海…な〜んて歌ってみたいたくなったりして〜♪

今年も残り3か月足らず。 心の充電をしたので、ラストステージを頑張れそう〜。

picsay-1349085032.jpg
posted by Chieko at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月26日

夢、再び!

昨日、母校の甲子園出場が決まった。
新横浜で遅いランチをしている時、同級生から「勝ちそうだ! 祝勝会だ!」と携帯に連絡があり、別の同級生からも同じようなメールが届き、車の運転中には試合実況メールが数回届き、帰宅した時に「決まったよ!」のメールを受け取った。

5年前の熱い夏がよみがえってきた。
優勝なんて夢のまた夢と思っていたことが現実になった5年前!!!
ま、今回は冷静に、冷静に。
明日、金曜日には新橋で祝勝会の予定。
暑い夏。今年は、さらに熱い夏になる予感…。
また、大阪へ行かなくては!!!(何回行けるのかな???)
posted by Chieko at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月21日

夏が来た?

いきなりの梅雨明けからそのまま猛暑に突入したかと思えば涼しい週末と、この一週間の目まぐるしい気温差。
衣替えも追いつかない始末。
いつの間にか夏が来て、いつの間にか秋を迎えれる…けじめのない季節の移り変わりに奔走されそう…。
そして、未だに九州北部から北陸に大雨の恐れ…夏が始まったばかりなのに台風情報が流れる。

一週間前の九州北部の「これまで経験した事がない大雨」という報道は、本当に言葉通りだったようです。
その日、私の故郷、佐賀の友人から「すごい雨が降っている」とメールが来ました。
プールをひっくり返すことはできないけど、もしできたらこれだろうと思うくらいの雨が降ったそうです。
やっぱり地球は病んでるのかな???

そう言いながらも、今年も暑い夏がやってきました。
節電をしながら、早めの水分補給で熱中症などにならないよう、楽しく無事にこの夏を乗り切りましょう!!!

posted by Chieko at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月07日

待ちどうしい梅雨明け

梅雨明けした真夏の奄美のブーゲンビリアビーチの写真を友人がメールで送ってくれました。
但し、仕事だそう。
でも、うらやましい〜〜〜、梅雨明けが待ちどうしい!!!

梅雨前線の影響で東北から九州に大雨の恐れがあるそう。
毎年のように繰り返される梅雨末期の大雨による災害。
自然の猛威に、人はただただ避難するしかないのが残念です。

災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

120702_1300~01.jpg
posted by Chieko at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月26日

ようやく春

桜が開花したという知らせがチラホラ聞こえてきました。
そんなニュースだけで軽やかな気分になりますね。
近所の桜はまだまだのようだけど、きっと二週間後には舞い散る桜吹雪が…連想されます。
日差しにも力強さが増してきたような…。
本格的な春は、直ぐそこまで来てます!!!
3月最後の週がスタートしました。
世の中がカラーで染まるのも後少しですよ〜と、自分を元気付けてます。
posted by Chieko at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月29日

春を呼ぶ雪

2月の最終日を雪で迎えました。
早朝から降り出した雪は、今、本格的に舞ってます。

今年は閏年。例年なら今日から3月だけど、春を一日待った感じ。
この冬が厳しかっただけに、待ちどうしい春ですね〜。

今日の雪は、春を呼ぶ雪とか…。

でも、危険もいっぱい!!!
車のスリップ事故、歩行者の転倒事故、気を付けましょうね。

明日は3月、予想では春が来た〜!!!と思う一日になるようです。
でも、本格的な春はもう少し先、体調にもくれぐれも留意しましょう。
posted by Chieko at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月09日

2012年のシナリオ

今日は成人式。 お正月気分が抜けるか抜けないうちにまた連休。

日経新聞にオトナたちの都合で、連休をつくるために祝日を動かした…とありました。
年末年始でたっぷりお金を使った後でしょう!!!
連休効果が見込めたのかな???
この連休は、出かけず、ひたすら休養に当てた人も多かったのではと、思います…。

2012年、いよいよ明日から本格的にスタート!!!
どんなドラマが待ち構えているでしょう。
去年のようなシナリオでないことを願うばかりです。
今のところ政治も経済も見渡す限りときめくような期待感はないけれど、2012年のシナリオが明るい事を信じて、明日から一歩づつ踏み出しましょう。
posted by Chieko at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月26日

ラストウイーク

2011年ラストウイークです。
今年は、何といっても「東日本大震災」に尽きると思います。

年の瀬になってようやく復興の足音が聞こえてきました。

釜石にお客さんが多くいる水産物食品加工機械製造会社は、間接的に震災被害を受けました。
一時はどうなるか???と心配した時期もありましたが、何とか切り抜け、仕事が動き出してきました。
また、別の住宅設備会社は、12月に仙台に営業所を開き1月4日から仕事開始。
前に向かう姿勢を感じます。

いろいろあった2011年が、ようやく終わろうとしています。
迎える2012年が輝かしい年であることを願います。
posted by Chieko at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月12日

年の変わり目

12月も半ば。
年初は兎年!低迷を続ける経済の飛躍の年かと期待したけれど、千年に一度と言われる大震災がありました。
日本中が悲しみに包まれる歴史に残る1年となりました。
12月に入って、買い物をしていた時、音量を抑えたジングルベルが聞こえてきた。
そうだ、もうすぐクリスマスだと改めて感じるくらいの優しく静かなジングルベル…。
今年を象徴しているちょっぴり控え目なジングルベル! 
それが何かしら愛おしく心温まる小さな幸せ気分になりました。
今年は、大震災、友人の旅立ち…人生の重さを考えさせられる年になりました。
新しい年まで後半月余り。
新しい年への変わり目、もう少し今年の分を頑張ろ〜と思ってます!!!
posted by Chieko at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月17日

甲子園の夏

4年前の夏の今頃、私は甲子園のアルプススタンドにいました。
思いがけなく母校が甲子園に出場したのです。
その時から何かしら興奮した雰囲気が伝わってきました。

開会式の日、関東にいる同窓生たちと朝一番の新幹線で大阪へ向かいました。
大阪に着いたら、打合せもしていないのに同じように九州からの同窓生と合流し、いざ甲子園へ!!!

母校は、開会式直後の第一試合だったからです。
みんな勝てるなんて思っていない、最初で最後の応援のつもりでした。
それが、それが…なんと! 勝ったのです!!!
2回戦の時は、今度こそ最後と思って、また大阪へ向かいました。
2回戦は延長戦の末、引き分けになりました。
その時から男性たちは大阪に留まるはめになってしまいました。
その後、有名な強豪を相手に、これで終わり、これで終わりと思いながら勝ち進みました。
母校の選手には期待されているヒーローなどいません。
ただ、地元の野球好きの普通の高校生でした。
それが、とうとう決勝戦を迎えてしまいました。

当日、アルプススタンドは、まるで同窓会。
今まで行方不明になっていた人までも、み〜んな、応援に駆けつけてきました。

決勝戦は、やはり相手は強かった。
こちらの攻撃は3人で直ぐ終わり、相手の攻撃の時は長かった。
みんなの心は、準優勝でいいじゃない。 よく頑張った!との思いでいっぱいでした。
それが、それが、8回から様子が変わりました。 
今まで静かに観戦していたアルプススタンドが一気に騒めき、もしかしたら…なんて期待までも…!!!
そして、そして、とうとう優勝してしまったのです!!!

熱い夏でした!!!   後輩からの素晴らしいプレゼントでした!!!
あれから4年、甲子園の夏が来るたび、暑かったアルプススタンドと熱い感動がよみがえってきます。
posted by Chieko at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月08日

夏が来れば思い出す

夏が来〜れば思いだす〜♪  子供のころ〜の夏・休・み〜♪

夏休み、特に8月は子供のころを思い出します。
涼しい朝のうちに宿題を片づけようと…計画は易し、実行はし難い!!!
そんな夏を何度繰り返したでしょう…。 完璧な夏はなかった。
ちょっぴりホロ苦い想い出が、今は懐かしい想い出…。

8月に入って、一週間が過ぎました。 周りでは夏休み休暇の人もチラホラ。
また、今日からは猛暑の夏が戻ってきました。

楽しい夏休みに気を付けなければいけない事故!
車の追突! 水辺の事故! 突然の気象変化による事故!
こんな事故は、ホロ苦い想い出にはなりません。

来週の一週間は時が止まったような週になるでしょう。
都会にいて、スローライフが味わえるのが楽しみだな〜!!!
posted by Chieko at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月08日

故郷グルメ旅

ゴールデンウイークも今日で終わりになりました。
今年は、自粛ストレスを発散しようと横浜の友人と私の故郷グルメ旅に出かけました。
まずは、福岡空港から地下鉄で佐賀県唐津へ。
お目当ては、イカの生き造り。昔と変わらず大満足させてくれました。
その後、海辺のホテルで海を見ながらのお茶。
寄せる波は優しく、砂浜に子供連れの一組の家族がいるだけで海には人も船もない小さな島が浮かぶだけ。
とても静かな時の流れ…こんなに静かで平和な海でも、時としたら荒れ狂うのだろう…。
翌日は、福岡県大川へ鰻のせいろ蒸しを食べに行き、最後の三日目は、佐賀牛のステーキで〆ました。
とても美味しい旅でした。
佐賀は陶器で有名です。
今回は、私自身へのお土産としてちょっと奮発して源右衛門の飯碗を買いました。
この飯碗で毎日食べると、良いエネルギーをいただけるような気がします。
サー、また明日から頑張りましょう!!!
CIMG0425.JPG
posted by Chieko at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月28日

ゴールデンウイーク

明日からゴールデンウイークが始まります。
自粛ムードで旅行に出かける人が少ないとか…!?
震災から1ヶ月半、元気な人も、元気じゃない人も心に重いものを抱えて生活をしてきました。
ここら辺りで「気」を変えるのもいいんじゃないでしょうか!
日本が「不幸癖」にならないように! 動ける人は動き、楽しめる人は楽しみましょう!

私は、2泊3日で故郷佐賀へ帰省します。
横浜生まれ横浜育ちの友人の希望で一緒に連れていくことにしました。
心おきなく故郷を満喫してこようと思います。

原発の現場に携わっている方々には、感謝と尊敬をしております。ありがとうございます。
そして、被災でご苦労をされている方々には、早く普通の生活に戻れるよう願っております。

ゴールデンウイーク明には、みんなが活気ある生活になっていることを期待しています!!!
posted by Chieko at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月12日

みんなの憂鬱

東日本大震災から1ヶ月が過ぎました。
被災者ではない私たちの生活は、変わっていないといえば変わっていない、変わったといえば変わった…。
とても複雑な気持ちを抱いて毎日を過ごしているような心境です。
この原因は、やっぱり原発と余震でしょう。

原発は、大変難しいことであっても人間が造ったものだから、必ず解決できるものと思っています。
庶民である私たちは見守るしか手はありません。
知識ある造った人達は解決できるはずです。頑張ってください!

強い余震は自然からの物です。落ち着いてくれるように神に祈るしかありません。
だから、どこへ逃げてもそこが安全とは限りません。

時は春!!!
いつものように桜は咲いている。
そう、いつものように春を迎えましょう!
posted by Chieko at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記