2013年09月13日

風災

日曜日の早朝、ラジオから「Tokyo」と流れた瞬間、ウルッときました。
それほど関心も無かったのに…素直に「良かった〜!」と思えました。
それ迄のニュースは「竜巻」の話題ばかりだったのにその瞬間から一変!
2020年オリンピック一色になりました!!!
ま、久々の明るいニュースだから良しとしましょう。
中には、問題点ばかり指摘する 偉い人? 有名人? もいらっしゃるけど…。
問題点は、個々が出来ることは協力して日本人みんなで、解決しましょうよ!!! ネ!
な〜んて言ってしまいました。。。。

ところで9月に入って早々、大規模な竜巻が続けて発生しました。
ニュースを見て「本当に日本か?」と思うような竜巻でした。

【なぜ、竜巻が発生したか?】
大気の状況が不安定になり「スーパーセル」と呼ばれる回転する巨大積乱雲が発生し、突風を引き起した可能性が高いと言われています。
スーパーセルとは、「内部に強い上昇気流や渦があり、通常の積乱雲に比べて消滅するまでの時間が長いことから、大規模な突風災害を引き起すことがある」と指摘されています。

【火災保険での対応…風災補償を担保されている事】
風による直接の損害だけでなく、相当因果関係のある被害も対象になります。(損害の根本的な原因は何か?ということです。)
今回の災害のような「竜巻の風による直接の損害」や「竜巻によって巻き上げられたモノがぶつかって発生した損害」などは、「風災」での保険金支払対象になります。

【風災補償…20万円フランチャイズ方式を担保されている場合】
1敷地内の全ての保険対象の風災ロスを合算して20万円を超えれば根っこから支払対象になります。

あ〜また台風18号が発生しました。 連休後半に本州接近か?と! 十分に注意しましょう!!!
posted by Chieko at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災・地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75008137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック