2011年12月02日

未来の車

先生も走る師走。 真冬も駆け足でやってきました。 ん〜寒い!!!
節電を心がけて暖かい快適な冬の過ごし方…!?
ゲーム感覚でやれば、また楽し〜という考えで、この冬を乗越えましょう!!!

3日から始まる「東京モーターショー」の報道に興味を持ちました。
車マニアという観点からではなく、これからの車と生活の観点から。

近年の車離れに自動車メーカも損害保険会社も多少の危機感があるのではないでしょうか???
若者の車離れ。 運転者の高齢化。

各損害保険会社は、この秋から、または新年から「自動車保険商品・保険料改定」を行なっています。
車の用途車種、補償種目別などの保険成績(損害率)を踏まえて見直しになってます。
コンパクトカーの普及・拡大や高齢者による事故の増加などに伴い、自動車保険の支払保険金が全体的に増加傾向になっています。
個人所有の自動車保険は「記名被保険者年齢層区分」が適用され、用途車種、運転者の年齢条件、保険金額、免責金額などの個々の条件により大幅な保険料の増減が生じることがあります。

「東京モーターショー」の報道によれば、今年からは家電・IT見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN」が東京モーターショーと正式に連携、電機業界を挙げた自動車市場の取り込みが始まっているとのこと。
また、大手住宅メーカーも家も車もエネルギーコストがゼロの“エナジーフリー“を実現する住宅を公開した。

やはり未来の自動車は「電気自動車」!!!
子供から大人、高齢者が運転が出来なくても便利に利用できる「未来の車」。
近い将来、実現しそう!!!
そうなったら「自動車保険」は不要になるかも!!!
でも、いかなる場合でも「新たなリスク」が生まれてきます。
それに対応できる「保険」をそろそろ考える必要があるのではないかな〜と、頭の端っこをかすめました。
posted by Chieko at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51289817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック