2011年07月10日

食の安全

厚生労働省は7月6日、レバ刺しなど牛の生レバーについて、飲食店などで提供しないよう自治体に対して要請したという報道が有りました。
焼肉チェーンの集団食中毒事件を受け「食の安全」への関心が高まっております。

A保険会社の「生産物品質保険」の事故データーによりますと次の事が分かります。

【事故発生頻度率が高い食品】 
1位…冷凍食品(63.6%)  2位…輸入食品(45.7%)   3位…調味料(45.2%)

日持ちする食品の事故発生頻度率が高いことが分かります。

私は、たまたま先週の日曜日、節電のため冷蔵庫内の整理を行いました。
その結果、殆どの調味料が消費期限切れになっており、大半の調味料を仕分しました。
今は、冷蔵庫の中はスッキリexclamation   冷蔵庫を開けるのがるんるん

梅雨は明けましたが、これから厳しい暑さがしばらく続きます。
食品への過信を怠らず、この夏を乗り切りたいと思います!
posted by Chieko at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 賠償
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46671188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック