2007年06月03日

ストレス危険信号

最近では、ストレスの影響で身体の免疫力が低下し、病気にかかりやすくなることがわかっています。
ストレスからくる身体の変化は、日頃からとくに弱い部分にあらわれることが多いようです。
次にあげる変化に注意し、ストレスの危険信号を見逃さないようにしましょう。
出勤困難症
 会社に行きたくなくて頭痛や腹痛を起す。
過敏性腸症候群
 通勤中に腹痛や下痢を起す。
テクノ不安症
 コンピューターが苦手で、動悸やめまいが起こる。
睡眠障害
 眠れない不安からさらに眠れなくなる。
アルコール依存症
 緊張や不安から逃れるためにお酒が手放せなくなる。
スーパーウーマン症候群
 仕事と家事を完璧に行おうと頑張り過ぎる。
ワーカーホリック
 仕事中毒な人が、身体の限界まで仕事に励んでしまう。
ゆっくり入浴したりアロマセラピーや心地よい音楽鑑賞など
自分なりのリラックス方法を見つけましょう
exclamation
posted by Chieko at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4234191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック