2010年07月07日

火災保険…水災チェック

年々、大雨による被害が拡大しているよう思われます。
5日に板橋区内で107ミリの大雨が降り、気象庁は記録的短時間大雨情報を出して警戒を呼びかけました。
また、多摩区や北区、埼玉県南部などで1時間に40〜50ミリの雷を伴った強い雨が観測された。
結果、床上浸水や床下浸水が多数発生しました。

火災保険は、お客様のニーズにより水害による損害額の100%担保水害による損害の程度に条件付き担保水害による損害を不担保と選択をすることが出来ます。
それにより、保険料も 高・中・低 となります。

河川の近くではない都心などは、水害の心配など無いと思われていましたが、最近の雨の降り方をみているとそうとも言えません。
道路の排水管は50ミリまでの雨に対応できるように造られているとか!?
最近の大雨は、50ミリ以上の回数が多く、マンホールから水が溢れ、都市型洪水が発生しております。
また、後ろに崖がある住宅は、土砂崩れの心配があります。

洪水・高潮・土砂崩れの被害は『水災担保』が必要です。
住宅の立地条件、建て方で自分のニーズに適した火災保険になっているか?今一度、チェックが必要です!
posted by Chieko at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災・地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39508878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック