2010年02月08日

交通事故の責任

交通事故を起こして、保険に入っていないと大変です!
でも、保険は手助けになりますが、すべてを解決できるわけではありません。
交通事故を起こすと4つの責任が発生します。
1民事上の責任(損害賠償責任)…保険で解決することが可能です。
2刑事上の責任…罰金・懲役・禁固
3行政上の責任…免許停止・取消 等
4道義上の責任…人としてとらなければならない責任

必ず入らなければならない『自賠責保険』は、人身事故のみ対象になります。

自賠償保険について

傷害による損害

被害者一人につき最高120万円まで
治療関係費…応急手当、診察料、入院費、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用など。
休業損害…1日につき5,700円。ただし、立証資料等により1日5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として支払われる。
慰謝料…1日につき4,200円

後遺障害による損害
逸失利益、慰謝料など
逸失利益…後遺障害の程度によります。
第1級 最高3,000万円 〜 第14級 75万円 まで。

死亡の場合
死亡による損害…被害者一人3,000万円まで
葬儀費、逸失利益(生きていれば得られたはずの収入)、死亡本人への慰謝料、遺族への慰謝料

自賠責保険を使ってから任意保険の対人賠償を使うとは限りません!
月収90万円の人に追突して20日間休業させてしまった場合。
*休業損害は1日3万円です。
● 自賠責保険から 19,000円×20日=38万円(休業補償最高額)
● 任意保険から  11,000円×20日=22万円(不足分を足すことになります。)

重大事故の場合は、民事上は保険で解決できてもそれ以外の責任は自分自身に課せられます。 
ましてや飲酒運転は犯罪になります! 心の隙間に気をつけましょう!
posted by Chieko at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35204762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック