2007年02月28日

海外旅行健康トラブル・・・傾向と対策

旅先でのケガや病気は大変心細いもの。
こうしたトラブルを防止するために、体調維持の心掛けが大切です。
旅行3日目で急に疲れが出てダウン。
緊張感がほぐれてきた頃にどっと疲れが出て、発熱や腹痛を起すことがよくあります。常にリラックスを心掛け、休憩や睡眠を十分にとること。無理な行動スケジュールは禁物です。
風邪をひいてしまった。
温暖な時期の旅行でも、朝夕は予想外に冷え込むことがあります。雨具の他に、寒い時に羽織れるものを一枚用意しておくと良いでしょう。現地で調達するのもgoodです。
足元の障害物に気付かず転倒。
疲れがたまって注意力が落ちてくると、思わぬケガをしてしまうことがあります。標識に頭をぶつけたり、バスルームで転んだり、車にはねられたりなど、バンソウコウですむものから命にかかわるものまでよ〜く注意してください。
無理は禁物。旅の基本は健康な心とからだ!
posted by Chieko at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3432715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック