2007年02月12日

自賠責保険料の改定

1月17日に政府の自賠責保険審議会が開催され、平成19年4月1日以降保険始期の契約に適用する自賠責保険料が確定いたしました。

契約者の方にご負担いただく保険料(営業保険料)は、保険料等充当交付金の減額により、若干引き上げとなります。
(自家用乗用車の2年契約の場合、0.5%程度の引き上げとなります。)
※ 保険料等充当交付金は、過去の累積運用益を平成14年度から6年間で契約者に還元し、契約者の負担の急激な増加緩和の為に前半3年間を厚めに後半3年間に残額を分配されるものです。
※ 改定率は、保険期間・車種により異なり、原動機付自転車などの一部の車種については保険料の変更はありません。
【保険料例(本土)】
■自家用乗用車の2年契約の場合
 従来の保険料30,680円→今回の改定保険料30,830円
 150円の引き上げとなります。
■自家用軽四輪乗用車の2年契約の場合
 従来の保険料24,880円→今回の改定保険料25,000円
 120円の引き上げとなります。
平成19年4月1日以降保険始期契約に適用!
posted by Chieko at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3332116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック