2009年10月18日

ケガ

昨日の朝6時頃、ウォーキングをしていた時、躓いて顔から転んでしまいました。
当日の夕方から同窓会に出席の予定です。
転ぶ瞬間、「アッ、今日は同窓会に行かなければならないのに、どーしょう…!!」と頭をかすめましたが、時すでに遅し、顔の中心部分に擦り傷を負ってしまいました。
そして、間もなく腫れてきました。
キズと腫れ!精神的ショックで痛みを感じる余裕もありませんでした。
月1回の早朝会議をキャンセルして、ケガ対策に没頭しました。
いろいろな諸事情で同窓会のキャンセルはできません。
結果、大きなマスクをして出席することになりました。
白いジャケットで少し華やかな装いでと思っていたけど、そんな気分にはなれず、黒のジャケットに変えました。
仕事がらクライアントのケガに接することは多いけれど、ケガをすることはこういうものかと思い知らされました。
事故はいつ起きるか判らない。
1分、1秒前まで予想もしていない。 本当に突然起きるものなのです。
さっきまで早朝の河原を気持よく眺めながら歩いていたのに…。
時計の針を数分巻き戻しできるものなら…と、誰もが考えるでしょう。
でも、起きた事故に「たられば」はありません。
事態発生をどのように対応し解決するかということで、後々の結果が決まってくると思います。

同窓会は、みんなのあたたかい気持で無事終了しました。
次回は、ちゃんとお洒落して出席したいと心に誓った次第です。
posted by Chieko at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 傷害・労災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32997427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック