2009年07月05日

海外旅行保険金支払(2008)

うっとおしい梅雨も、もう少しの辛抱。
梅雨が明ければ、楽しい夏休みが待っています。
不景気といいながらも、夏休みには海や山へ、そして海外へと出かける方々が多いと思います。

万全を期して海外へ行ったのに、環境の変化で体調を崩したり…と、アクシデントが多いのも事実です。

2008年度のAIU海外旅行保険における保険金支払件数は、10万1,821件。その中で『治療・救援費用』の支払い件数が全体の55.4%を占めています。『傷害治療費用』および『疾病治療費用』を併せた三つの給付項目は全体の65.3%を占めています。

また、高額な治療費用の支払事例が増えています。

【保険金お支払事例】
くも膜下出血でICU治療に、約3,370万円
アメリカ・サンフランシスコ旅行中にくも膜下出血を発病。約1ヶ月にわたって集中治療室で手術等治療を余儀なく受けました。入院の際日本から家族を呼び寄せたり、帰国するための医師エスコート費用等も発生しました。

 ●保険金支払額
  現地治療費(入院治療費)  約3,060万円
  日本への搬送費        約180万円
  救援者費用           約180万円

常に危険と背中併せ…。 海外旅行保険の支払い実例でした。
posted by Chieko at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30318729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック