2008年12月09日

海外医療費事情

今年も残りわずかになりました。
この年末年始を海外で過ごされる方も多いと思います。

海外旅行保険金支払のトップは治療・救援者費用ですexclamation

海外医療費最新調査結果が発表されました。
盲腸で入院手術の場合の都市別総費用例(2008年AIU調べ)

北米……………サンフランシスコ (入院2泊3日 250万円
           ニューヨーク (入院2泊3日 216万円
           バンクーバー (入院2泊3日 150万円

欧州……………ジュネーブ (入院3泊4日 297万円
           ロンドン (入院2泊3日 151.2万円
           パリ (入院2泊3日 113.4万円
           ローマ (入院2泊3日 110万円
           マドリッド (入院3泊4日 97.2万円

アジア…………香港 (入院2泊3日 90万円
           上海 (入院2泊3日 68万円
           ソウル (入院2泊3日 63万円
           バンコック (入院2泊3日 40万円
           北京 (入院2泊3日 20万円

オセアニア……シドニー (入院2泊3日 86.4万円
          クライストチャーチ (入院2泊3日 86.4万円

ハワイ…………ホノルル (入院2泊3日 195万円

ミクロネシア…グァム (入院2泊3日 86.4万円

標準的な手術費・入院代を含めた治療費の例ですが、救援者費用を含めるとさらに費用がかかることになります。また、日本では無料があたりまえの救急車も大半の国では有料が常識のようです。
posted by Chieko at 20:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
保険ブログランキングに参加している「パリの保険屋さん」です。いつも興味深く、ブログの記事を読ませていただいてます。
日本とフランスの単純死亡保険、自動車保険、積立年金保険の比較をブログ内で行いました。
興味のある方は、ぜひともブログを覗いてみてください。

http://blog.livedoor.jp/parisici/
Posted by パリの保険屋さん at 2008年12月12日 08:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24079075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック