2015年08月30日

今年の9月は火災保険の分岐点

今は、もう秋〜♪と・・・口ずさみたくなるよう。
月末とはいえ、まだ8月・・・残暑厳しい時なのに!?

天候不順!!! 天候不順は「火災保険」にも影響しています。
この秋から「火災保険改定」が実施されます。

<改定概要T> 住宅総合保険の保険料が全国平均3.5%の引上げ
保険の対象となる建物または保険の対象となる家財を収容する建物の構造・所在地(都道府県)や補償内容により、保険料の「引き上げ」または「引き下げ」があります。
個々の契約条件によって、改定前と比べて保険料が引き上げとなる場合と引き下げとなる場合があります。

<改定概要U> 保険期間が最長10年までに制限
改定の背景は、自然災害の増加、および冬季の凍結や老朽化などで、水道管等に生じた水漏れ損害による保険金の支払いが近年増加しております。
また、近年の地球温暖化研究によると、自然災害の将来予測に不確実な要素が増していることが明らかになっており、火災保険の長期のリスク評価が難しくなってきたためです。
従来は、住宅ローンの期間にあわせて最長36年の保険期間を設定することが可能でしたが、改定後の契約より、最長10年までとなります。

実施日は、2015年10月1日とされておりますが、保険会社によって異なるかもしれませんので、該当の保険会社に確認ください。

そんなこんなで・・・今年の9月は、火災保険の見直し月間だと思います!!!
posted by Chieko at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災・地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162567423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック