2015年07月28日

日常災害リスク

気怠さの中にも穏やかな日曜日の午前、テレビの画面にニュース速報が流れました!
調布飛行場から飛び立った小型飛行機が住宅街に墜落したと。
心配はあったけど・・・決して起きてはならない事故!

小型飛行機のライセンスを取得した幼馴染がいます。
以前、どうして取ったの?と聞いた時、「紅の豚」の心境さと言っていました。
飛行機事故が起きる度、彼は、今も飛んでいるのかなと思ってしまいます。

九州に帰った時、博多の国道を車で走っていると、目の前を大型の飛行機が横切ります!!!
エ〜!いいの〜!と言いたくなるくらい間近に見えます。
もちろん高さがあるからぶつかることは無いけど・・・ひとつ間違えれば!?・・・考えたくありません。

小型飛行機が民家に激突して屋根の部分を破壊された家、突っ込まれて燃え上がった家。

火災保険の「日常災害リスク」の中に「物体の落下・飛来・衝突」という特約があります。
自動車の飛び込みはあるかもと思っていたけれど、本当に、空から飛行機が落ちてくるとは驚いてしまいました。

賠償請求をされると思いますが、賠償していただくまでには相当の時間がかかると思います。
完璧に賠償してもらうまで時間を止めることはできません。
先ずは、日々の生活ができる状態になることが必要では・・・と思います。
posted by Chieko at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災・地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/157457586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック